猫がヒントになったヘアケア対策

猫




30台の後半ぐらいから、抜け毛が気になるようになりました。
もともと髪の毛は人より多く、多少の抜け毛はあまり気にした事がなかったのですが、
シャンプーやブラッシングの後に足もとに落ちている髪の毛の量の多さに驚いて何か抜け毛対策をしようと思いました。
でもシャンプーを変えたなどの髪の毛に関する環境の変化も特になかったので、何をどう実践していいか困りました。
そこで、まずは頭皮のケアをしようと思い立ち、シャンプーの方法から変えてみる事にしました。
それまでは、頭は一番最初に洗うようにしていましたが、それをやめてまずは体を洗ってから湯船につかってじっくりと暖まるようにしました。
すると頭皮からじわじわと汗をかくので、その後にシャンプーをすればより頭皮の汚れがしっかりと落とせるのではと考えました。
そしてシャンプー用のブラシを使って頭皮をやさしく丁寧に洗いました。
あまり強くこするような事はせずに、しっかりと髪を湿らせてからいつものシャンプーを使用しました。
コンディショナーまで終わって流す際は、流し残しのないようにしっかり洗い流すよう心がけました。
髪の毛が抜けるのが怖くてしっかりと頭を洗うのが怖い気もしましたが、我慢してそれを続けていきました。
それに加えて、ある偶然の発見をヒントにして食生活や飲む水にも気を付けるようになりました。
当時飼っている猫の餌を、それまでのものより質の高いものに変えたところ、2カ月もすると毛質がとても良くなり、つやつやで抜け毛も一気に減った事がヒントになりました。
もちろん人間と動物では体質が違うとはいえ、食べ物で体を造っているのは同じです。
そこで、食事の内容も栄養バランスに気をつけて、野菜や果物、またミネラルウォーターは炭酸の硬水を選んで飲むようにしました。
炭酸水は血行の促進に効果がある事でも有名です。
そのように、外側と内側からの手入れをしていたら、新陳代謝も上がり体全体の調子がよくなってきました。
それに気づいた頃には気になっていた抜け毛も減っていて、髪の質も前より良くなっている感じがしました。



サブコンテンツ

このページの先頭へ