トリートメントの力を最大限に発揮させる意外な方法

トリートメント




傷んだ髪の毛の補修をしてくれるのがトリートメントですが、通常、トリートメントはシャンプーで髪を洗ったあとにつけてそのまま時間をおいている人が多いと思います。トリートメントの使用方法でもシャンプー後にしっかり水気をきって、トリートメントをつけると書いてあります。しかし実はトリートメントの力をしっかり発揮させるため、一番効果的な方法は「乾いた髪にトリートメントをつける」という方法なのです。最初私も半信半疑でこの方法を試したのですが、かなり効果がありました。トリートメントを乾いた髪に軽くつけて半身浴をし、トリートメントを洗い流して、シャンプー、コンディショナーをつけるのですが、髪を乾かした後のサラサラ感と髪のまとまりがいつもよりも良いのです。私は毎日まず、乾いた髪にトリートメントをつけています。半身浴する時間がなくて、すぐに洗い流さないといけないというときはお風呂のお湯をため始めると同時に髪にトリートメントをつけてそのまま結んでいます。髪がぬれていないので、垂れてくることもありませんし、しっかり浸透させる時間があります。実はトリートメントは濡れた髪よりも乾いた髪の方が浸透力がアップするので、しっかりトリートメントの効果を出したいなら、乾いたままの髪につけるか、シャンプーあとの水気をしっかりきるようにしないといけないのです。トリートメントの後でシャンプーをしたら、洗い流されて効果が薄れるような気がしたのですが、前の方が格段に効果はアップしました。



サブコンテンツ

このページの先頭へ