40代こそ高価な基礎化粧品より、食生活が美肌に効果あり

牛乳




若い頃は、薄いメイクで外出できたのに、結婚してから、急にシミやシワが増えた、という女性はかなり多いようです。
特に、「出産」をすると、女性の体の成分の一部が、お腹の赤ちゃんの為に使われて行くので、出産後は、女性の肌や髪の毛が傷みやすくなります。「女性に子供がいるかどうかは、手を見ればわかる」とよく言われます。これは、出産経験のある女性は、爪の成分を赤ちゃんに分けてあげるので、爪が薄くなるのです。一方、出産経験のない女性は、年齢が40代になっていても、髪の毛のツヤが良かったり、爪のささくれが少なかったり、肌にハリがあったりと、ある程度若く見えます。出産を経験している女性は、母親として新しい命の誕生の為に我が身を削っている訳ですから、誇るべき事です。ただ、主婦になっても、美しくありたいというのも、当然の願いです。では、40代以降、子供もいる女性が美しくなる為にはどうすれば良いでしょうか。これは、上に述べた事がそのままヒントになります。つまり、出産により失われた、肌の成分や、爪、髪の毛の成分を、補ってあげれば良いのです。子供を産んでいる女性と産んでいない女性の最も大きな外見上の違いは、爪、髪の毛、歯、と言われています。これらは、カルシウムや、ケラチン、コラーゲンを含んでいます。つまり、母親になった女性は、カルシウムやケラチンやコラーゲンなどを多く含む食物をとるのが良いです。コラーゲン入りの化粧品や、ヒアルロン酸入り化粧水などがありますが、肌の外側から栄養分を補給するよりは、食事から、必要な栄養分を補給する方が効果的です。ケラチン、コラーゲンもとれ、カルシウムを多く含む食物として牛乳がおすすめです。牛乳は、カルシウムとタンパク質の双方の体内への吸収が非常に良いです。爪の先が薄くなってボロボロになっている主婦の方は、ぜひ、牛乳でタンパク質を補給してみてください。また、タンパク質を取る事により、肌の角質層のハリが良くなり、顔の肌のたるみがとれます。



サブコンテンツ

このページの先頭へ