NASAも認めたスーパーフードキヌア

雑穀




NASAも認めたスーパーフードがキヌアです。キヌアは雑穀の一種で、古代インカ時代からアンデス地域を中心に食べられてきました。キヌアは小さな粒ですが、その中には美容に役立つ成分が含まれています。美肌になるためには、肌の生まれ変わりに必要な鉄分、亜鉛、タンパク質などが必要です。キヌアにはこれらの栄養素が豊富に含まれています。鉄分が不足すると貧血になり、血流が悪化して肌代謝が悪くなったりクマができます。女性は毎月の生理で鉄分を失っているので、鉄欠乏性貧血になりやすいです。キヌアには白米の8倍、100gあたり4.5mgの鉄分が含まれています。亜鉛は細胞の合成や酵素の働きに必要です。普段の食事では不足しがちです。亜鉛が不足すると味覚障害になったり抜け毛が増えます。亜鉛が多い食品は牡蠣やレバーで普段食べにくいですが、キヌアなら普段のごはんに混ぜて食べやすいです。タンパク質は細胞、内臓、筋肉などを構成するために必要です。タンパク質が不足するとターンオーバーが乱れて、古い角質が蓄積してニキビやくすみができたり、肌が乾燥します。キヌアは穀物の中ではタンパク質が多く、アミノ酸バランスもよいです。白米の2倍のタンパク質を含んでいます。キヌアはいつも食べているごはんに混ぜて炊くことができます。ゆでてサラダのトッピングにしてもよいです。ハンバーグに混ぜたり、スープにするなど、さまざまな活用ができます。ぷちぷちとした食感でおいしいです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ