美肌のために食べたい食材リンゴ

リンゴ




肌は食べたものでできているので、美肌になるためには食事を整えることが大切です。バランスのよい食事をすることがもっとも大切ですが、特に美肌によく取り入れたい食品もあります。その一つがリンゴです。肌をきれいにするためには腸をきれいにする必要があります。肌は腸の鏡といわれていて、腸がきれいなら肌もきれいになります。肌の生まれ変わりに必要な栄養を腸から吸収されますが、汚れた腸では栄養をきちんと吸収することができず、肌の生まれ変わりは滞ります。リンゴにはペクチンという水溶性食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は便秘を解消するために必要なものです。しかし、外食やコンビニのお弁当ばかりの食事で食物繊維が不足している方が少なくありません。おやつや朝食などにリンゴを食べれば手軽に食物繊維を摂れます。加熱することでペクチンが増えるので、ホットリンゴにして食べるのがおすすめです。くし型に切って耐熱容器に並べ、ラップを軽くかけて電子レンジで1分30秒ほど加熱します。ビタミンとミネラルも豊富です。特にカリウムが多くむくみを解消します。さらにポリフェノールも豊富に含んでいます。ポリフェノールには抗酸化作用があり、活性酸素から体を守る働きがあります。活性酸素とは老化の原因といわれている物質で、呼吸をしてエネルギーを作ったり、ストレス、大気汚染、喫煙、食品添加物などで発生します。日々発生する活性酸素なので、ポリフェノールを摂って活性酸素から体を守ることが美肌にとって重要です。



サブコンテンツ

このページの先頭へ