疲れたときのみ甘いものを

チョコレート




糖質は生きていく上で欠かすことができない栄養素です。なぜなら糖質は体内でエネルギーに変換され、それによって体は活力を得ることができるからです。しかし糖質をたくさん取り過ぎると全てがエネルギーに変換されず、余った糖質は脂肪へと変化します。これが肥満や病気の原因となるのです。そのため甘いものをたくさん食べることは危険です。なるべくなら疲れを感じたときに甘いものを食べるように心がけ、その他の状況では甘いものを控えるようにするのがベストです。まず糖質には幸福感を感じさせるホルモンの分泌を促す作用があります。甘いものが好きな人が多いのはそのためです。しかしこのような幸福感を定期的に味わっていると、甘いものがないとストレスを感じるようになってしまいます。このような状態を砂糖依存症といい、この症状が現れると糖質を過剰摂取してしまうことになるのです。先にも述べたように、糖質の過剰摂取は肥満や病気を引き起こします。このような状況に陥らないためにも、必要なときに必要な量の糖質を取るように心がけるのがベストです。糖質が必要なのは体がエネルギーを欲しいているときで、疲れやだるさを感じているときがそれに相当します。そのため疲れたときに甘いものを食べるようにし、その他のときは甘いものをなるべく控えるようにします。そうすることでふさわしいときにふさわしい量の糖質を体に与えることができます。
このようなことを心がけることは健康で美しい体を保つことに貢献します。



サブコンテンツ

このページの先頭へ