日本の伝統食材の美肌効果

納豆




日本の伝統食には美容によいものがあります。食の欧米化で食べる機会が減っていますが、日本の伝統食材も見直してみましょう。
納豆の特徴はねばねばです。このねばねばには肌の潤いを高める働きがあります。納豆をよくかき混ぜてねばねばを出し、ねばねばに水分を与えると吸収します。高い保湿力があり化粧品にも使用されています。納豆を食べることで肌の水分保持力が高まり、乾燥しにくくなることが期待できます。納豆以外にもオクラ、モロヘイヤ、山芋などのねばねば食品にも保湿作用を高める働きがあります。また、納豆は便秘解消にもよい食品です。食物繊維が豊富で食物繊維の働きで腸の働きが活発になり、納豆菌の働きで腸内環境が改善します。便秘になると体内に老廃物が蓄積し、老廃物のダメージで肌トラブルが増えます。便秘になると肌荒れがひどくなる経験をした方もいるのではないでしょうか。便秘を解消することで体内がきれいになると、肌もきれいになってきます。
味噌にはビタミン、ミネラル、タンパク質など美肌に必要な栄養素が含まれています。メラノイジンや乳酸菌の働きで腸内環境も整います。冷え性の方はヨーグルトよりも味噌汁を飲んで便通をよくすることがおすすめです。味噌汁に色が濃い野菜をたくさん入れれば、野菜の抗酸化作用で紫外線のダメージから肌を守ることができます。また、温かいものを食べることで血流がよくなり、体の隅々に栄養を届けることができるので、肌の代謝がよくなります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ