始めた人から他の人に差をつけるアンチエイジング

ビタミン2





アンチエイジングって最近よく耳にしますよね。抗老化ともいいます。年齢は同じでも、若々しい人と年齢より老けてしまっている人といますよね。その秘訣について、近年研究が進んできていて、老化しない秘訣がいろいろとわかってきており、話題になっているのです。現在では酸化と糖化、紫外線が大きな原因となっていることがわかっています。酸化とは、人間が呼吸をすることによって生きていますが、その際どうしても活性酸素という強力な毒性をもつ成分ができてしまいます。この活性酸素によって細胞が傷つき、老化を引き起こすとされています。また、特に古くなった油、時間がたった揚げ物などすでに酸化した食品を食べると体内も酸化するといわれていますし、食品添加物の毒性の強いものを食べると酸化を招きます。ストレスをためることも酸化の原因になりますので自分にあった方法でストレス解消をするようにしましょう。こういった酸化対策として最近人気なのが活性水素水や水素サプリメントです。活性酸素を除去して体内の酸化を防ぎます。水素の濃度を確認して買うのがおすすめです。また、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEも体内の活性酸素を除去する効果があります。単独だとビタミン自体が酸化してしまうので合わせて飲むのがおすすめです。原材料(オーガニック原料など)にこだわったマルチビタミンミネラルのサプリメントですと安心して飲むことができます。ポリフェノールも植物が酸化しないように独自に進化の中で身につけてきた成分であり食べたりサプリメントとして飲むことで酸化を防ぐことができます。赤ワインからとれたレスベラトロールやフランスの松の樹皮からとれたピクノジェールは有名です。
糖化は体内の余分な等がタンパク質と結び付き、老化物質となります。この老化物質はAGEsといい、この物質が蓄積することによって肌や髪、骨など全身の老化につながることがわかってきました。この糖化を防ぐためには血糖値をあげないような食生活が良いとされています。食事をゆっくり食べる、野菜をたくさん食べ、野菜→肉(または魚)⇒米またはパンなどの主食の順に食べると血糖値が上がりにくいです。低GIの食品を食べる(精製されていない米、麦、肉、魚介類など)、食べすぎず、食事をぬかないことで血糖値を安定させることも重要です。血糖値を急激に上げる甘いものはできるだけ避けましょう。最後に紫外線は皮膚の老化の主な原因と言われるほど影響は大きいです。紫外線A波は波長が長く、皮膚の奥の真皮まで達してシワの原因になりますので日焼け止めを年中塗り、帽子や日傘をさしてお肌をしっかり守ることが大切です。毎日少しづつ気をつけることで10年後には他の人に差をつけることができるかもしれませんよ。



サブコンテンツ

このページの先頭へ