太りにくく美肌によい果物3つ

みかん03




美容によいといわれている果物ですが、糖分が多いので食べ過ぎれば太ってしまいます。美肌になりたい、でも太りたくないという果物はないのでしょうか。ビタミンCはメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ、メラニンを還元してシミを薄くする、皮脂分泌を抑制してニキビを防ぐ、抗酸化作用で活性酸素のダメージを防ぐなどの働きがあります。ビタミンCを豊富に含んでいる果物がイチゴです。ビタミンCが豊富な果物というとレモンを思い浮かべるかもしれませんが、レモンをたくさん食べることはできませんよね。1日10個程度食べれば1日分のビタミンCを摂ることができます。100gあたり34kcalと低カロリーで太りにくいです。練乳は糖分が多いので、練乳をかけずに食べることがおすすめです。小さくて食べやすいのがみかんです。みかんはビタミンCが豊富ですが、ヘスペリジンという美肌によい成分も含まれています。ヘスペリジンには血流をよくする働きがあります。血流がよくなることで肌代謝がよくなり、古い角質が蓄積することで起こるくすみやニキビなどを予防します。ヘスペリジンはみかんの白いすじや内皮に多く含まれています。ブルーベリーは抗酸化作用が高い果物です。老化の原因といわれるのが活性酸素ですが、抗酸化作用で活性酸素から肌を守ります。ブルーベリーは目にもよいです。ベリー類は抗酸化作用が高く、ラズベリーやクランベリーなどもおすすめです。朝食やおやつなどに食べて美肌を目指してみてはどうでしょうか。



サブコンテンツ

このページの先頭へ