化粧品を使ったも乾燥するときは食事の見直し

食事




化粧品をつけてもすぐに乾燥する、こんな悩みがありませんか。すぐに乾燥するのは肌の水分保持成分が不足しているからです。肌の水分保持成分は細胞間脂質が80%、天然保湿因子が18%、皮脂が2%を担っています。細胞間脂質と天然保湿因子はターンオーバーの過程で生まれる物質です。ターンオーバ-を正常にすることで、保湿成分が作られて潤った肌に近づきます。
ターンオーバーを整えるために重要なのがタンパク質です。タンパク質は肌細胞を作るのに必要な栄養素です。ダイエットをしている女性はカロリーを気にしてタンパク質が多い食品を控えがちです。肉や魚などタンパク質が少ない食事を続けていては乾燥肌がひどくなります。タンパク質は肉・魚・卵・乳製品・大豆製品に豊富に含まれています。肉よりも魚を選ぶ、脂身を除く、蒸したり煮るなど油を使わない調理をすると、カロリーを抑えることができます。ターンオーバーを整えるためには3食毎回タンパク質を摂取する必要があります。1回に食べる量は手のひら一枚分ほどです。人間には体内で合成することができない必須アミノ酸が9種類あり、9種類すべてそろわないと体がうまく利用することができません。食品によってアミノ酸のバランスが違うので、肉ばかり、魚ばかりなど同じ食品にならないように、毎回違う食品からタンパク質を摂るようにします。朝お腹が空かない方もいると思いますが、そんなときはヨーグルトや豆乳がおすすめです。何か口にする習慣をつけましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ