体によい油で肌老化対策

ごま油




体型や健康を気にして油の摂取を控えていませんか。たしかに、脂肪分は1gあたり9kcalで糖質やタンパク質に比べてカロリーが高いので、摂りすぎれば肥満につながります。また、肉類や乳製品に多く含まれる飽和脂肪酸の過剰摂取は脳梗塞や動脈硬化などの原因にもなります。しかし、脂肪は体にとって必要なものなので、脂肪の摂取を控えすぎると体に影響がでます。その一つが肌老化です。肌細胞を作るには脂肪分が必要です。控えすぎると肌がパサパサになってしまいます。乾燥はシワ、シミ、ニキビの原因になります。適度に脂肪分を摂ることが肌老化を防ぐためには大切ですが、どんなものから摂るかも重要です。肉類などに多い飽和脂肪酸は皮脂分泌を活発にしてニキビの原因になります。美容のために摂りたい油がオメガ3です。オメガ3は体内で合成できない必須脂肪酸で、毎日食事から摂取する必要があります。魚、亜麻仁油、しそ油、クルミなどに多く含まれています。日本人の魚離れが進み摂取量が減少しているので意識して摂りたいです。オメガ3は酸化しやすい油なので、魚の場合はできるだけ新鮮なものを食べましょう。調理をすると流失してしまい減少しますが、生で食べると多く摂れます。亜麻仁油やしそ油は加熱調理には使わず、サラダや納豆などにかけて食べてください。普段のドレッシングを亜麻仁油にすると美肌によいだけでなく、添加物や塩分の摂取量を減らすことができ健康にもよいです。毎日ティースプーン1杯程度摂ると美容効果が期待できます。



サブコンテンツ

このページの先頭へ