シナモンを食べて肥満を予防

シナモン




美しいスタイルを保つために太りにくい体を作ることに励んでいる人は大勢います。しかしそれは決して簡単なことではありません。特にものを食べることで上昇する血糖値は肥満をもたらすインスリンの分泌と関係がありるために、注意が必要です。そこで注目されているのがシナモンです。シナモンには血糖値を下げる働きがあります。先にも述べたようにものを食べると血糖値が上昇します。そして急激な上昇が起こるとインスリンの分泌が促されます。インスリンには血糖値を下げる働きがあるのですが、同時に脂肪を生成する働きも有しています。そのためインスリンの分泌が促されると肥満が生じてしまうのです。そのような状況でシナモンを摂取すればインスリンの力を借りなくても血糖値を下げることができます。そしてインスリンの分泌が促される前にシナモンによって血糖値を下げることができれば、肥満を招くことなないのです。しかしシナモンは大量摂取することができません。その中に含まれている成分の一つは大量摂取によって肝機能に悪影響を及ぼすからです。そのため摂取量には注意が必要です。しかしシナモンはお菓子などに少量含まれているもので、大量摂取することはまずありません。それでもサプリメントでシナモンを摂取する場合は、その効果を期待し過ぎてついつい過剰摂取してしまうことがあります。そのためサプリメントからの摂取には注意が必要です。しかしお菓子などからの摂取を主としている人は過剰摂取について心配する必要はありません。



サブコンテンツ

このページの先頭へ