みかんの白いすじが美肌にいい

みかん02




ビタミンCは美容成分としてよく知られていますが、ビタミンCを多く含む食べものがみかんです。皮をむくだけで食べられるみかんは手軽に食べられる美肌食材です。みかんが美肌によいのはビタミンCの働きだけではありません。みかんにはビタミンPが含まれているのです。みかんを食べるとき、白いすじも食べていますか。白いすじにはビタミンPが豊富に含まれています。ビタミンPとはヘスペリジンというポリフェノールのことで、血流改善、血中コレステロール値の改善、抗アレルギーなどの働きがあります。
血流が滞ると肌の生まれ変わりに必要な酸素や栄養素が細胞に行き届かず、肌の生まれ変わりが滞ります。古い角質が蓄積するので、ニキビ、シミ、くすみ、乾燥などさまざまな肌トラブルを招きます。ビタミンPは毛細血管を強くして血流を改善し、そのことによって肌の生まれ変わりがスムーズになって肌トラブルを改善します。ビタミンCには抗酸化作用やコラーゲンの合成を助ける働きがあります。紫外線や体内で発生する活性酸素は、シミやシワなどを肌トラブルの原因となりますが、ビタミンCの抗酸化作用はこれらから肌を守ってくれます。コラーゲンの合成が促されることでハリのある肌に近づきます。ビタミンCは壊れやすい性質がありますが、ビタミンPが守ってくれます。ビタミンPはみかんの袋やすじに多く含まれています。すじには実の100倍ものビタミンPが含まれているのです。美肌を期待するならすじも食べることがおすすめです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ