鏡を使って、顔のリフトアップ

鏡




なにげなく、ショーウィンドウや電車の窓で自分の顔を見た時に、ギョッとしたことありませんか?口角が下がり、不機嫌そうな顔・・・。実は、それが普段の顔なのです。私は、かなりショックだった覚えがあります。鏡を見るときは、ほぼ、表情を意識をしているので、口角をあげたり、目を大きく見開いて、いつもより、2割増しの顔になっているということです。
それは、自分だけが見ている顔なのです。そんな顔を、改善するには、どうしたらいいのでしょう。それは、常に、その意識した顔を習慣づけて、普段の顔にしてしまえばいいのです。気付いた時に、口角を上げ、目を見開く事で、常に、顔の筋肉が使われリフトアップ効果があります。さらに、筋肉を使う事で、血行も良くなり、顔色も良くなるそうです。そうはいっても、なかなか、自分で意識するのは難しかったりします。そこで、おすすめなのが、会社のデスクや、家のキッチンに鏡をおいておくことです。
仕事中なら、パソコンしながら、ふと鏡を覗いた時に、意識改革になります。キッチンは、覗く暇がなく、難しいかもしれませんが、鏡があれば、なんとなく意識は出来ると思います。以前、テレビで、鏡を部屋において、実験をしたところ、1カ月後に明らかに顔に変化がありました。口角が上がり、目もスッキリとして、顔全体が引き締まっていました。意識だけで、かなりの効果があるのです。鏡を見るだけなので、とても、簡単な方法です。口角が上がると、笑顔になり、表情も豊かになります。どこでも、できるので、やってみる価値ありです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ