目指せ小顔!~あいうえお体操編~

発声




「小顔体操」なるものは世に溢れています。
「どれを試せばいいのか分からない」
「いろいろ試したけど続かない」
「自分に合ったトレーニングを探している」
などなど。
小顔体操ジプシーの方は結構いるのではないかな、と思います。
私もいくつか小顔体操を試しました。
トレーニングを続けやすくするために、自分なりにアレンジしたものがあるので、ご紹介しますね。
とっても簡単で、道具は何も必要ありませんので、誰でも今すぐに取り組めますよ。
「あいうえお体操」
名前の通り、「あいうえお」を発音しながらトレーニングします。
実際には、声を出さなくて大丈夫です。
かなり大袈裟に、顔の筋肉をすべて使うイメージで「あいうえお」を発音します。
発音というよりも、顔全体で「表現」するといった方が的確でしょうか。
それでは順番に「あいうえお」を表現していきましょう。
★「あ」
口だけでなく、目もパ~ッと見開くように大きく開けます。
眉毛も一緒に上げましょう。
顔を縦いっぱいに伸ばすイメージで、大袈裟に「あ」を表現します。
この状態を数秒キープします。
初めは短くて構いません。慣れてきたら10秒くらいキープしましょう。
★「い」
口を横いっぱいに広げ、さらに口角を上に上げます。
目も見開き、眉毛も上げます。
横と縦に伸ばすイメージで、「い」を表現します。
この状態をキープします。
★「う」
唇をすぼめて、正面に突き出します。
目は見開き、眉毛は上げます。
お魚のマンボウになった気持ちでやってみましょう。
★「え」
口を横に広げた状態で、舌を下に出します。
あっかんべの表情ですね。
口角も上げるように意識しましょう。
目と眉は先ほどと同様です。
★「お」
口や目をこれでもか!というくらい開きます。
驚いた時の表情ですね。かなり大袈裟に驚きましょう!
顔を縦いっぱいに伸ばすようなイメージで「お」を表現します。
「あいうえお」を最低5回以上繰り返し、トレーニングしましょう。
慣れてきたら、10回や20回くらいできるようになります。
個人差はありますが、1週間くらい続けていれば、顔が引き締まってきます。
1か月も続ければ、顔が一回りは小さくなりますよ。
私も先日、久しぶりに会った友人に「痩せた?」と聞かれました。
「あいうえお体操」のおかげですね。
実際に声に出す必要はないので、職場や学校などのトイレでコッソリとトレーニングができますよ。
片手間にチャレンジしてみて下さい。
コツコツと続ければ、必ず結果がついてきます。
とっても簡単ですので、是非試してみて下さいね。




サブコンテンツ

このページの先頭へ