顔のシミを消す最適なケアとは

紫外線




顔に出来てしまったシミが気になりませんか?
紫外線が当たった後に適切なケアを行わないと細胞内で色素沈着をおこし
加齢と供に顔全体にシミを形成する原因にもなります
シミを軽くする方法とシミを予防する対策の二つを同時進行で行う必要があります
シミができる事により顔全体的の印象を暗くしてしまいます

シミが目立つ (埼玉県在住 45歳)
シミが全体的に目立つような気がします。鏡を見ると肌の細かい部分に小さなシミが目立ちます
小さなシミなので日頃はファンデーションをすると目立たたなくなるのですが
紫外線の影響かだんだんシミが増えるような気がします

  • 見た目年齢
  • 肌のサイクルが長い
  • 紫外線が気になる
  • 細かいシミが目立つ

シミの原因は光老化
シミができるプロセスを見るとほとんどが紫外線UVBによる光老化と考えられます
光老化とは紫外線UVBにより色素細胞のDNAを傷つける過程において
メラニンを活性化し結果肌に深刻な色素沈着を起こします。
これがシミの原因です。また紫外線によりDNAが上手く修復されない場合
細胞内でエラーをおこし色素沈着からホクロ~皮膚癌に発展する場合もあります

シミと紫外線の関係を調べた調査によると秋田県の女性と鹿児島県の女性を比べた結果
紫外線の量が1.5倍に増えるとシミの発生年齢が5~10歳早くなるとの結果もあります
光老化を防ぐためにも日頃からの予防を行い身体に紫外線を浴びない工夫が必要です

顔に出来てしまったシミ 美白クリームを使用してシミの予防と軽減を実践してると思います
しかし肌の外側から美白クリームを浸透させるだけでは力不足です
肌は真皮の部分から角質層まで28日周期で生まれ変わるターンオーバを繰り返しています
このターンオーバですが30歳を過ぎる辺りから徐々に日数が増えていき
40歳を過ぎる頃には35~40日前後まで増えるそうです
皮膚が生まれ変わる速度が落ちているのでターンオーバを促進するビタミン剤を摂取します。美白に最適なビタミンとしてはビタミンB・ビタミンDなどがあります。またシミに対応した医薬品もあるのでそちらを利用しても便利です

▼お申し込みはこちら(初回限定1900円)▼

ロスミンローヤル公式サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ