顔のたるみを改善する 効果がある食品とは

肌のたるみ



顔がたるむ原因は肌に存在するコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが不足することです。コラーゲンやエラスチンなどが減少する原因には、加齢や紫外線があります。減少を防ぐためには生活習慣の見直しが大切です。化粧品だけのケアに頼っている方もいますが、内側からのケアもすることで効果的に対処できます。毎日食べているものが体を作るので、たるみを解消するためには毎日の食事が大切です。では、どのような食事がたるみによいのでしょうか。肌の弾力を支えているコラーゲンはアミノ酸からできています。アミノ酸はコラーゲンだけでなく筋肉、皮膚、内臓、爪などさまざまな部位で使用されおり、数多くの働きをしています。体のいろいろな部位で使用されるため、しっかりと摂ることが大切です。化粧品でコラーゲンを与えても真皮にまで到達しませんが、アミノ酸を摂取することでコラーゲンの生成が促されることが期待できます。アミノ酸はタンパク質が分解されて物質なので、タンパク質を意識して摂るようにしましょう。ダイエットをしている方はカロリーを気にしてタンパク質が不足しがちなので、意識する必要があります。一度に大量に摂取しても体はうまく処理できないので、1日3回の食事で手のひら一枚分のタンパク質を摂るようにしましょう。人間には体内で合成できないので食事から摂取する必要があるアミノ酸が9種類があります。食品によって含まれるアミノ酸バランスが違うので、いろいろな食品から摂るようにしてください。大豆
たとえば、朝は納豆、昼は肉、夜は魚といったように1日の食事で毎回違うタンパク質食品を食べます。コラーゲンの生成を促すにはビタミンCも必要です。ビタミンCには抗酸化作用があり、コラーゲンやエラスチンを変性させる紫外線から肌を守る働きもあります。ビタミンCが多い食品はイチゴ、キウイ、柑橘類、パセリ、ブロッコリー、赤パプリカなどです。熱に弱いので生で食べたり、調理はサッと済ませるようにしましょう。果物は生で食べやすいですね。また、一度にたくさん摂っても尿と一緒に排泄されてしまうので、朝にスムージー、おやつにフルーツといったようにこまめに摂りましょう。イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあり、女性ホルモンのバランスを整えたり、ハリや弾力の回復をサポートします。イソフラボンは大豆製品に多く含まれています。納豆、豆腐、豆乳、味噌、ゆばなどさまざまな大豆製品があるので、上手く活用してみてください。いろいろなレシピがあるのでおいしく食べられると思います。大豆は畑の肉ともいわれていてタンパク質が豊富です。
大豆製品を食べるもとでたるみの解消によいタンパク質とイソフラボンの両方を摂ることができます。低カロリーなのもうれしいですね。イソフラボンのサプリメントもありますが、過剰摂取に気をつけてください。1日の摂取上限は75mgなので、製品に記載されている1日の摂取量を守りましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ