花粉の季節の肌荒れを防ぐには

杉




花粉が飛ぶ季節になると、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどで悩まされるだけでなく、皮膚のかゆみや赤みで悩む方も少なくありません。女性は男性に比べて肌が弱く、肌荒れに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。皮膚のかゆみや赤みでメイクを控えているかもしれませんが、花粉を防ぐためにメイクは軽くしておくことがおすすめです。メイクをしておくと、花粉が直接皮膚につくことを防げます。リキッドタイプはぺたぺたとして花粉を付着させてしまうので、パウダータイプを使用しましょう。ミネラルファンデーションは肌への刺激が少ないので、乾燥肌や敏感肌も安心できます。帰宅したらすぐにメイクを落として花粉を取り除きます。クレンジング後は、乾燥しないように保湿ケアをしましょう。花粉で肌が荒れる方は肌のバリア機能が低下している傾向があります。保湿をすることでターンオーバーが整い、肌のバリア機能が回復してきます。セラミドには保湿作用とバリア機能の回復を促す働きがあります。マスクで花粉を防御するのも効果的です。しかし、マスクで肌荒れを起こすケースもありますよね。そのような場合はマスクの素材があっていないか、マスクが不衛生なことが考えられます。立体マスクは肌に触れる面積が少ないので、通常のマスクよりも肌の負担が減ります。一度使用したマスクは再度利用せずに新しいものに取り換えてください。何度も使用すると雑菌が繁殖し、雑菌の刺激で肌荒れを起こします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ