肌に潤いをもたらす保水浸透法

洗顔




冬になるとガサガサ、パサパサになる肌。皺が増えるのもこの時期です。
乳液、クリーム、オイル、、、油分のある物を何をつけても、なかなか思った結果になりませんね。それはしっかり蓋をしていないからです。
方法はいたって簡単です。いつものお手入れにお台所にいつもあるラップを使うだけです。

まず、洗顔をします。このとき必ず、仕上げに汗は拭き取っていてください。タオルで拭き取るのも良いのですが、肌が弱い方や、こだわりのある方は、タオルに洗剤が残っていて肌荒れの原因になっている場合もあるので、テイシュやキッチンペーパーで拭き取るのも良いのかもしれません。

1、化粧水をつける。
浸透させるためにしばらく時間をおく、
2、美容液をつける。
浸透させるためにしばらく時間をおく、
3、乳液をつける。
浸透させるためにしばらく時間をおく、
4、オイルを塗る。
キッチン用のサランラップを皺などの気になるところに貼付けて、十分くらいおいておく。
5、最後は水で洗い流す。
このとき洗い流す水は普通に水道水でも良いのですが、塩素が気になる人は浄水器の水やペットボトルの水も良いかと思います。もっとこだわる場合は、オーガニックなバラ水や普段使っている化粧水なんかでも良いかもしれません。
使用する化粧品は、お手持ちの物でも良いと思いますが、できれば肌にやさしい添加物の入っていない化粧品やオーガニックな物の方が安心だと思います。それから普通にお化粧をすると化粧のりがいつもと違ってきます。どうぞ、お試しください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ