美肌に欠かせない「ターンオーバー機能」を高める方法

肌




お肌をいつまでも若々しくキレイにしておきたいですよね。年齢が積み重なっていくなかでスキンケアの方法も少しずつ変わっていくため、毎日のエイジングケアをしっかり続けなければなりません。しかし、毎日のスキンケアだけでは美しい肌を手に入れることができなくなります。なぜなら、お肌には細胞を生まれ変わらせるターンオーバーという機能があるのですが、その機能は加齢によって低下してしまうのです。赤ちゃんのお肌がツルツルスベスベなのは、このターンオーバーが正常に機能しているからです。では、加齢によるターンオーバー機能の低下をどのようにして防いでいくか。その解決方法は、食事内容も含めて正しい生活習慣にすることです。まず、食事ですが、カラダに良い新鮮な食材は、お肌にも効果的ですので、できる限りその季節の旬の食材を食べるといいでしょう。なお、たんぱく質・ビタミン・ミネラルが豊富な”豆腐”は荒れたお肌を整えますし、強力な抗酸化作用が期待できるビタミンEが多く含まれている”ゴマ”などの美容成分が含まれた食品も摂取するとより効果的です。次に生活習慣ですが、食事は就寝の2時間前までに終わらせることが大切です。体内には消化酵素と代謝酵素とがあり、ずっと食べ続けていると消化酵素だけが働き続けるため太る原因にもなります。一方、代謝酵素は基礎代謝を高めてくれる効果があるため、お肌やダイエットに欠かせない酵素です。お肌をキレイにするためには、就寝時間にも気をつける必要があります。お肌や内臓など、日中の生活で傷んだ細胞の就寝は就寝中に行われます。特に睡眠のゴールデンタイム「22時~2時」の間に修復作業が行われるため、遅くても23時には就寝しておくことが大切です。これらの食事、就寝を正しいものにすることで、毎日のスキンケア効果が高まり、お肌のターンオーバーも促進されていきます。キレイなお肌にするためには「ターンオーバー」は欠かせません。最近肌荒れで悩んでいる方は、正しい生活習慣を見直すところからはじめましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ