紫外線対策をしてシワ対策

日焼け止め




年齢とともに現れるシワの原因の80%は紫外線です。紫外線のダメージを肌は記憶しており、長年浴びてきた紫外線の影響が年齢を重ねるとでてきます。もう歳だからとあきらめているかもしれませんが、今からでも紫外線対策をしっかりすればシワを防ぐことができます。地上に届いている紫外線にはUVAとUVBがあります。UVAが地上に届く量はUVBの20倍といわれています。真皮層にまで到達してコラーゲンやエラスチンを変性させます。UVAの影響が表れるまでには時間がかかり、長年蓄積されたダメージがシワとなって現れます。UVBは肌表面に影響を与えます。日焼けを起こすのはUVBの影響です。UVBの影響で肌が乾燥するとシワができます。シワを防ぐには紫外線対策が重要です。日焼け止めを塗って対策をしましょう。日焼け止めを塗っている方は多くいますが、使用量が少ないため効果が十分発揮されていないことがあります。日焼け止めに記載されているSPFやPAの値はたっぷり使用して出されています。そのためたっぷりと使用しないと十分な効果を得られません。クリームだったらパール粒2粒分、ローションだったら1円玉2枚分が使用目安量です。汗や摩擦で簡単にとれてしまうので、こまめな塗り直しも大切です。4~5時間に1回塗り直すと高い効果が期待できます。紫外線カット効果が高い日焼け止めを1回塗るよりも、SPFなどの値が低いものをこまめに塗り直した方が紫外線をカットします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ