紫外線でシミができる意外な真実

紫外線3




紫外線を浴びるとメラニン色素が増え、肌にくすみやシミができてしまいます。そのため多くの人は紫外線対策によって肌を守ります。しかし紫外線は肌の表面を変化させるだけではありません。紫外線を浴びた肌は活性酸素の生成を始め、それが影響して肌の老化が早まります。そのため紫外線は美容の大敵なのです。意外なことですが、紫外線が強いのは春先です。そのためこの季節は外出するときに紫外線対策を行うようにします。
まず基本的な紫外線対策は日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりすることです。これだけでもかなりの量の紫外線をカットすることができます。また日差しが強い時間帯は当然のことながら紫外線の量も多くなります。そのため日差しが強い12時前後の外出を避けるようにすれば、強烈な紫外線の影響を受けずにすむのです。その他にも砂浜、水面、そしてアスファルトは日光を反射します。そのためそれらの近くに寄ることで紫外線を下から受けることになります。日差しが強い日はそれらのものに近寄らないようにすることも、肌を紫外線から守ることになります。
紫外線対策と聞くと大掛かりなことを行わなければならないと思ってしまいがちですが、実はちょっとしたことを行うだけでも紫外線から肌を守ることができるのです。主なポイントは3つです。日焼け止めや帽子で紫外線をカットすること、日差しの強い時間帯の外出は避けること、そして日差しが強い日には反射率の高い場所には行ないことです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ