季節の変わり目のゆらぎ肌を防ぐ方法

四季




季節の変わり目は肌がゆらいでトラブルが起こりやすい時期です。しっかりとケアしておかないと肌老化を進行させてしまいます。肌がゆらぐ原因がバリア機能の低下です。バリア機能にはホコリや紫外線などの外部刺激から守ったり、肌内部の水分を守る働きがあります。ゆらぎ肌を防ぐポイントはバリア機能です。普段やっているスキンケアがバリア機能を低下させている可能性があるので見直してみましょう。多くの方がやりがちなのがこすり過ぎです。洗顔をしてメイクや皮脂汚れを落とすことは大切ですがやりすぎは禁物です。肌がゆらぎやすい季節の変わり目は、朝はぬるま湯洗顔にします。洗顔をすると肌に必要な潤い成分が流されます。潤い成分は約24時間で回復するのですが、夜に洗顔をして朝も洗顔をすると、回復する時間がありません。しかし、朝はぬるま湯洗顔にすれば回復できてバリア機能を守ることができます。お湯の温度は34度程度です。熱いお湯は肌を傷つけるので気をつけましょう。20回程度よくすすぎます。夜の洗顔時はこすらないように気をつけましょう。洗顔料をよく泡立てて、肌の上を泡を転がすように洗います。泡立てネットを使うと泡立てやすいです。Tゾーンから洗い、乾燥しやすい目元や口元は泡をのせる程度にします。春先は紫外線対策を忘れがちですが、紫外線量が多くなるのは5月ころからです。紫外線は肌のバリア機能を低下させるので、外出時には日焼け止めを塗って紫外線対策をしましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ