冬の保湿対策!

コットン




以前は高い化粧品さえ使っていれば大丈夫!という考えでした。しかし、高い化粧品はドバッと出てしまうと「もったいない!」なんて思ってしまいちまちまと大事に使っていたんですよね。30代になってから、なんだか化粧水が浸み込まなくなってきたような気がするし肌がゴワゴワ固くなったような気がする・・・!?これはまずいのでは!?と、危機感を覚えました。同じような悩みを持った人の意見をネットで検索してみると、古い角質が溜まって高い化粧水を使っても浸透しない!まずは不要なものを取り除く!と書かれていました。そこで登場するのが【ふきとり化粧水】。コットンにたっぷり含ませて、お肌の上の汚れや老廃物などをやさしくふき取ります!首やデコルテなども忘れずに。決して擦らないようにするのがコツです。ふきとり化粧水のパワーを信じて、ほんとに取れてるの??と疑ってしまうくらいソフトにコットンを滑らせます。ふきとり化粧水はケチらずたっぷり使いましょう♪拭いた後のコットンは・・・ちょっと驚くくらい、真っ黒ですよ(笑)別のコットンを用意して、保護化粧水をたっぷり含ませて叩き込むと今まで硬くなっていたお肌がぷるっぷる~♪になっていました!感激!化粧水の後は、乳液とクリームでしっかり蓋をして下さいね。以前は、べたべたするから嫌い~!と思っていた乳液やクリームたち。ふき取り化粧水を使い始めてから、すんなりなじむようになりました。お肌が変わると、お手入れが楽しくなりますね♪



サブコンテンツ

このページの先頭へ