使いにくい日焼け止めを使いやすくする

日焼け止めクリーム




オーガニックで伸びのあまり良くない日焼け止めを使っている人もいるのではないかと思います。伸びが良いと記載されていても実際使ってみると思うように伸びなくて白浮きしたりして結局体用になったということが過去に何度かありました。そこであまり伸びの良くない日焼け止めをなんとかきれいに塗りたいといろいろ試したみた結果、美容オイルを混ぜて塗ると塗りやすいことに気がつきました。もちろんオイルなので少しテカリますし、日焼け止めに記載されているSPFやPAの値も少し弱くなるとは思います。ただ、テカリに関しては、塗ったあと軽くパウダーをつけたりティッシュで軽く押さえたりすればおさえることができるので大丈夫です。あとはSPFやPAの問題になりますが、これは紫外線カット力のあるオイルを使うことでその分を補うことは可能です。ラズベリーシードオイルやオリーブオイルなど紫外線を防げるようなオイルを使って伸ばしてみてください。保湿効果もより高くなります。それとオイルを使ってつけたものはクレンジングもしやすいです。ニキビが沢山出来ている時にはあまりおすすめできませんが、この方法だと乳液とか使わないで日焼け止めが保湿クリームみたいになるので良いです。重たいテクスチャーの日焼け止めが余ってしまって使っていないとか、買ったものが思っていた以上に使いにくいと感じている人は、一度美容オイルと併用した使い方に挑戦してみてください。まずはちょうど良いオイルの使用量を加減しながら見つけてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ