乾燥ジワを防ぐにはタンパク質

卵




肌表面にできる細かいシワは乾燥が原因です。保湿ケアをしている方もいると思いますが、化粧品をつけてもすぐに乾燥しませんか。すぐに乾燥するのは、肌の水分保持力が低下しているからかもしれません。肌の水分保持力は、細胞間脂質が80%、天然保湿因子が18%、皮脂が2%を担っています。細胞間脂質と天然保湿因子はターンオーバーの過程で生まれる物質で、ターンオーバーが滞るとこれらの物質をきちんと作ることができず、肌の水分保持力が低下します。そのため、化粧品でいくら保湿成分を与えてもすぐに乾燥してしまうのです。乾燥を防いでシワを予防するには肌本来の保湿力を高めることが重要です。そのためにはターンオーバーを整える必要があります。肌は主にタンパク質からできていて、タンパク質が不足すれば材料不足で乾燥してしまいます。健康やダイエットを意識して肉や乳製品を控える女性もいますが、控えすぎるとタンパク質不足でターンオーバーが滞ってしまいます。
肉や乳製品は脂肪分が多く、脂肪分の過剰摂取は皮脂分泌を活発にしてニキビの原因になるのでおすすめできません。タンパク質を摂取するなら、魚や大豆製品がおすすめです。魚には細胞膜の原料になって肌をしっとりさせるDHAやEPAも含まれています。大豆製品にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンのバランスを整えます。卵も良質なタンパク質が含まれています。1食あたり手のひら一枚分のタンパク質が目安です。毎食タンパク質が多い食品を食べることでターンオーバーが整い、乾燥によるシワも改善されてきます。”



サブコンテンツ

このページの先頭へ