ピーリングでシミやくすみを解消

肌04




肌の生まれ変わりは約28日周期です。肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズに行われていれば、新しい健康な細胞ができて肌トラブルが起こりにくいのですが、ターンオーバーが滞ると、古い角質が蓄積してシミやくすみなどのトラブルが増えてきます。20代ころまでは28日周期だったターンオーバーは、40代ころになると40日以上もかかるようになります。そのため、肌トラブルが増えるのです。ターンオーバーを整えて肌トラブルを防ぐのに効果的なのがピーリングです。シミやくすみの改善が期待できます。紫外線などの刺激を受けるとメラニンが生成されます。ターンオーバーが整っていればメラニンが排泄されますが、ターンオーバーが滞ることでメラニンが蓄積してシミになります。古い角質はごわごわとして固く、くすみにもつながります。ピーリングをすると古い角質が取り除かれて明るい肌に近づき、メラニンの排泄が促されてシミが目立ちにくくなります。自宅で行うピーリングと医療機関で受けられるピーリングの2種類があります。自宅で行う場合は、ピーリング成分配合の石けんで洗う、泡立てず塗ってから洗い流すもの、化粧水や美容液のように使うものがあります。肌への刺激が少ないのは石けんタイプです。リンゴ酸やクエン酸などのフルーツ酸やサリチル酸を配合したものがあります。よく泡立てて肌をこすらないように洗いましょう。
ピーリングをやりすぎると乾燥が進行して、乾燥によるトラブルを招くので週に1回までにしてください。ピーリング後は保湿ケアをします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ