ニキビにおすすめビタミンC誘導体

ニキビ

ニキビ用の化粧品をいろいろ試したけれど効果を実感できなかった、そんな方にはビタミンC誘導体がおすすめです。
美容成分として有名なビタミンCですが、ビタミンCは安定性に欠け酸化しやすく、肌に浸透しにくい欠点があります。肌にはバリア機能があり、ビタミンCを肌に塗ってもバリア機能を通過できず浸透しません。ビタミンC誘導体はビタミンCを改良した成分です。安定性があり肌の角質層にまで浸透します。肌に浸透したビタミンC誘導体は、酵素の働きでビタミンCに変化します。
ビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ、メラニンを還元してできてしまったシミを薄くする働きがあります。ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す働きがあるので、ハリの回復も期待できます。ビタミンC誘導体がニキビによいのは、抗炎症作用と皮脂分泌抑制によるものです。ニキビの炎症を抑えてニキビ跡の色素沈着を予防します。皮脂が毛穴にたまることでニキビができますが、皮脂分泌が抑制されることでニキビができにくい肌に近づきます。ビタミンC誘導体を配合した化粧品には、化粧水、美容液、クリームなどがあります。使い方は普段使っている化粧品と同じで、洗顔後のきれいになった肌に使用します。ニキビ肌は肌が弱くなっていて刺激を感じることがあるので、自分の肌にあった化粧品を選んでください。肌が乾燥すると肌を守るために角質が厚くなったり皮脂分泌が活発になるので、保湿成分も配合しているとよいです。
▼お申し込みはこちら(初回限定2800円)▼



ビタミンC誘導体【グラングレース ローション】

サブコンテンツ

このページの先頭へ