クーラーに長時間当たることは避けるべき

クーラー




夏であろうと、冬であろうと、室内の温度を快適に保つことができる設備のおかげで、どのような季節でも楽に過ごすことができます。しかし外気と室内の温度の変化があまりに大きいと体はそれについていくことができません。そしてそのような状態が美容に大きく影響するのです。特に夏の暑い時期に長い間クーラーに当たっていると肌の調子に大きな悪影響が及ぶことがあります。
肌の調子は肌細胞の水分量や血行、そしてホルモンバランスなどが関係しています。まずクーラーを長時間使用していると空気が乾燥することがあります。このような状態が肌に影響してしまい、乾燥肌が生じてしまうことがあります。また血液の流れは体が温まった状態のほうがスムーズです。そのためクーラーによって体が冷えてしまうと血流が悪くなり、肌に栄養が行き届かなくなってしまいます。また末端にある血管に血液が十分に行き渡らなくなることもあり、様々な症状が出てしまうのです。
そして体を急激に冷やし、その状態が長時間続くことでホルモンのバランスが崩れてしまうことがあります。肌の調子はホルモンバランスとも関係しているために、このような状態が肌荒れを引き起こすことがあるのです。クーラーに当たっているとなんとなく調子が悪くなるという人は、このような状況が体内で生じている可能性があります。そのため注意が必要です。クーラーの温度を下げたり、タイマーを上手に使用して体をいたわるようにすれば、こうした問題は回避されます。



サブコンテンツ

このページの先頭へ