つやつや美肌になる簡単美容方法とは

米




知人に「洗顔用米ぬか」なる小袋をもらったことがありました。洗顔や、お風呂に入った際に、「お湯に含ませて、そろそろとマッサージすると美肌になるよ」とのこと。あまり深く考えずに使ってみた所、本当に素晴らしい効果が。しっとりとした洗い上がりが、スキンケアのあとも持続するような感じなのです。これはいい…と思い、自分でも買って続けようかと思っていました。すると親戚のお婆さんが「だったらお米のとぎ汁で洗顔すりゃいいのよ」と進言してくれたのです。

ごく簡単な作業でした。毎回の食事の支度の際に出る、お米のとぎ汁をとっておきます。しばらくすると容器の底に「ぬか」が沈殿してくるので、慎重に上澄みの水を取り除きます。底の方にたまった、ぬるぬるとしたペースト状のぬかを使って、洗顔時にマッサージをするようになりました。時間がある時は、パック状に顔に広げ、コットンなどをかぶせて数分おきます。敏感肌の私でも問題なく使える、やさしい自然派洗顔料です。

もらった市販の袋入り米ぬかと同様、しっとり&つやつやな美肌効果は変わらず、満足しています。普段は植木鉢にあげるくらいで、捨てていたお米のとぎ汁に、こんな嬉しい再利用方法があるとはびっくりしました。

あとで時代小説を読んでいた時に知ったのですが、江戸時代の人たちは「ぬか」を小袋に入れ、それで顔や体を洗っていたのだそうです。明治時代に到来した外国の人たちが、日本人女性のつやつや美肌に驚いた…と言うエピソードが伝わっていますが、これはぬかの美容ケアの証拠とも言えます。最近は有名化粧品メーカーがこぞってお米の美容力を利用した製品を出していますが、これはまさにその根本と言えるのではないでしょうか。

お金もかからず、ほんの少しの手間でできる「ぬか洗顔」。日本的な美容法としては申し分がありません。ご飯をおいしく食べて、ぬかでキレイになれるのですから、一石二鳥です!



サブコンテンツ

このページの先頭へ