「温活」で美肌を手に入れる!

温泉




女性は冷え性の方が多いといわれていますよね。むしろ、女性に限らず、冷え性ではないと言い切れる体温の方は、36度5分以上の方だともいわれており、今やほとんどの方が冷え性といってもいいかもしれません。そんな体が冷えた状態は、健康に悪いとはよく言われていますが、健康に悪いことはもちろん美容にも悪いんです。体が冷えた状態だと、新陳代謝が悪くなりますので、老廃物が体の中にとどまった状態になり、便秘がちになったりむくみがちになったり。それに肌のターンオーバーもうまくいかなくなるので、肌が荒れたりくすみがちになったり、シミだってできやすくなってしまいます。こんな風に、悪いことしかない体の冷えですが、少し工夫をして温める「温活」をすることで改善できるのです。その主な改善策としては、”首”とつく所(首・足首・手首)を温める、入浴する時は必ず湯船に浸かる、少しでも運動をするように心がける、十分な睡眠時間を確保する、根菜類やショウガなどの体を温める食品を積極的にとることなどが挙げられます。特に入浴は、シャワーのみで済ませる人が最近増えてきているといいますが、一つの習慣なので、5分でも10分でもいいので毎日40度以上のお湯に浸かることをおすすめします。「冷え性を治す」と聞くと、何か大層なことの様に感じますが、毎日の少しの工夫で治せるものです。健康のためにも美容のためにも、いいことなしの冷え性を卒業して、美ボディと美肌を手に入れませんか。



サブコンテンツ

このページの先頭へ