目元のケアで老け顔解消

目元




目元は年齢がでやすい部位です。目元がたるんでいると実年齢よりも老けてみえてしまいます。年齢を重ねるとでやすいのがまぶたのくぼみです。まぶたのくぼみには3つのタイプがあります。1つめは表情筋の低下です。目の周りの筋肉が衰えると、その上にのっている皮膚を支えきれずにくぼみます。筋力は加齢に伴い低下します。また、痩せている人は脂肪が少ないので、少しでも筋肉が少なくなると目元がくぼみます。このタイプは表情筋のエクササイズが効果的です。目を大きく見開くエクササイズで表情筋を鍛えましょう。2つめは血行不良です。血行不良で老廃物がたまると、その重さで目元がたるみます。血行不良になる原因が目の疲れや睡眠不足です。スマホやパソコンを長時間見ていたり、暗い部屋で読書をしたりしていると目が疲れます。睡眠不足は自律神経を乱し、血流を悪化させます。このタイプはホットタオルで目元の血流をよくします。湿らせたタオルをラップでつつみ、電子レンジで1分ほど加熱します。熱いので気をつけてください。これを目元に当てます。3つめは潤い不足です。肌の潤いが不足すると肌がしぼんだようになります。年齢とともにセラミドやコラーゲンなど肌に存在している潤い成分が減少して、目元が乾燥しやすくなります。このタイプは保湿化粧品でケアしましょう。目元の皮膚は非常に薄く乾燥しやすいので、保湿成分を高濃度で配合できる美容液でケアします。ときどき目元専用のパックをするのも効果的です。



サブコンテンツ

このページの先頭へ