女性ホルモンの減少で肌トラブルが起きやすくなる原因とは?

女性




女性ホルモンは年齢を重ねる事に分泌量が減少し、その影響で体に何らかのトラブルを引き起こしてしまうケースがあります。
そのトラブルの代表的なものが肌荒れになりますが、具体的にどのような原理で肌荒れになるのでしょうか?
・女性ホルモンはどのような成分?
女性ホルモンは主に2種類に分類されており、エストロゲンとプロゲステロンという成分に分かれます。
エストロゲンは生理が終わる頃にその量を増加させ、排卵日の1週間前になると分泌量が最大に達します。
この成分が増加することで肌の調子が良くなり、女性らしい魅力的な体を維持することが出来るようになります。
プロゲステロンは排卵日から1週間後に増加を始め、生理が始まる1週間前にかけて分泌量が最大に達します。
プロゲステロンの分泌量が正常だと、体内の老廃物や不要になった細胞を生理の際に排出しやすくなり体内環境の乱れを防ぐことが出来ます。
この2つの成分は年齢と共に徐々に減少していき、40代になると分泌量が不十分になるため様々なトラブルを起こしやすくなってしまうのです。
・女性ホルモンが肌荒れに影響する理由とは?
女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、肌の弾力が無くなったり水分が減り乾燥しやすい肌へと変化していきます。
肌の弾力が無くなると重力に耐え切れず垂れ下がった状態になり、毛穴の開きやシワの原因となってしまいます。
肌の水分が減り乾燥した状態になると、外敵から身を守るためのバリアの機能が低下し些細な刺激でもダメージを受けやすくなってしまいます。
こういった状態が続くとターンオーバーも正常に機能しなくなり、ニキビ跡やシミなどが消え辛くなってしまうのです。
・女性ホルモンを増やすためにどうすれば良いのか?
女性ホルモンは感情に大きく影響される成分なので、まずは自分が楽しい気持ちになることが重要です。
普段からストレスの溜まった生活を送っていると女性ホルモンが減少しやすくなるので、定期的に発散して穏やかな心になることが必要になります。
また、恋愛をすると女性ホルモンが活発になりやすいので、テレビや映画に出演している俳優さんに恋をしてみるのも一つの手です。
アロマやマッサージのように精神的な疲れを癒やすことも重要なので、普段の生活に積極的に取り入れるよう心掛けましょう。
以上が女性ホルモンが肌トラブルを引き起こす原因になりますが参考になりましたか?
女性ホルモンは40代になると分泌量が減少しますが、本人の努力次第では十分に補うことが出来ます。
女優さんが40代や50代でも若くみえるのは、メイクによる補正だけではなく普段から女性ホルモンを増加させる努力をしているからです。
そのため、歳だからしょうがないと諦める前に自分の出来る範囲で頑張ってみてはいかがでしょうか。



サブコンテンツ

このページの先頭へ