割れにくい爪を作る方法

あさり




手先は意外と人に見られている部位で年齢を感じさせます。爪が割れて悩んでいませんか。割れた爪ではネイルをきれいにできませんよね。どうすれば割れにくい爪を作ることができるのでしょうか。爪が割れる原因には外的要因と内的要因の2つがあります。外的要因には除光液の影響、食器洗い洗剤、爪切りの衝撃などがあります。内的要因には貧血や乾燥、栄養不足があります。
爪のケアに気をつけていても、もともとの爪がもろいと割れやすくなります。割れにくい爪を作るには、体質を改善して丈夫な爪を作ることが大切です。丈夫な爪を作るために大切なことが栄養です。爪は主にケラチンというタンパク質とゼラチンからできています。爪が割れやすい場合、ケラチンとゼラチンが不足していることが考えられます。では、どんな栄養を摂ったらいいのでしょうか。ケラチンはタンパク質の一種なので材料となるタンパク質を摂るようにします。体内で合成できない必須アミノ酸が9種類あり、バランスよく摂取することで体内でうまく利用できます。魚、肉、卵、大豆などさまざまな食品からタンパク質を摂取しましょう。タンパク質を摂取するだけでなく、上手く働かせるために鉄分や亜鉛も必要です。鉄分が豊富な食品はレバー、あさり、かつお、ほうれん草、ひじきなどです。亜鉛は牡蠣、カシューナッツ、ごまなどに豊富に含まれています。
外敵影響から守るために乾燥対策をしましょう。爪用のオイルやハンドクリームなどで爪の保湿をすることで丈夫になります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ