今すぐにでも実践したい美容法

タオル




暖冬だと、いわれる今年ですが、やはり暮れともなると寒い日が多くなってきました。こんなに寒いと、どこでも暖房が付いています。スチーマーが同時に作動していれば良いのですが、この温風は乾燥肌の原因となります。乾燥肌になるとお肌の水分量が減ってしまい肌バランスが崩れバリア機能が落ちてしまいます。バリア機能が失われると敏感肌になってしまいます。敏感肌になってしまったお肌に直接、化繊生地があたるとアレルギーを起こしやすくなります。お洋服だけでなく、マフラー、おふとん、、毛布や敷パットの化繊がお肌に触れて赤くなりお肌がボロボロになることがあります。天然のウールにも過敏に反応してしまう方もおられます。寒いとあったかいお湯で洗顔される方も多いと思いますが、お湯の温度があまりに高いと、これも乾燥肌の原因となります。お風呂のお湯の温度が高いのもいけません。またお外でも寒い北風に吹かれホコリが舞い敏感肌にはアレルギー症状の発症原因となります。ではどう対処したらよいのでしょうか?とにもかくにも、敏感肌になる原因である乾燥肌にならないようにすることです。洗顔は必要以上に洗いすぎないように洗顔料もお肌にマイルドなものを使用します。タオルで拭くときもゴシゴシこすらないように、また優しい肌触りのタオルを使います。洗い終わったらすぐ保湿です。化粧水で十分保湿して乳液や美容液などでたっぷり潤します。保湿剤は浸透力の高いものを使用します。是非今からでも乾燥肌対策して寒い冬を乗り切りましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ