40歳からの化粧品を使う正しい順番

化粧品03




普段何気なくスキンケアをしているかもしれませんが、化粧品を使う順番に気をつけたことがありますか。それぞれの化粧品の効果を発揮させるには使う順番が重要です。
化粧品は化粧水・美容液・乳液・クリームの順番で使用します。
化粧水には洗顔で失われた潤いを与える働きがあります。水溶性の美容成分を届けることができます。肌の奥にまでしっかり浸透することで、後に使う化粧品の浸透がよくなります。洗顔をしたら必ず化粧水をつけましょう。
美容液は高濃度で美容成分を配合することができ、美白、シワ、ニキビなど目的別に特化しています。集中的にケアするのに向いています。美容液は省いてもよいです。
乳液は油分と水分をバランスよく含んでいて、潤いを与えるとともに油分で潤いを閉じ込めます。
クリームは乳液よりも油分を多く含んでいます。化粧水や美容液で与えた潤いを油分のフタで閉じ込める役割があります。乳液またはクリームどちらか一方の使用で構いません。夏場は乳液、乾燥しやすい冬場はクリームというように、季節によって使い分けるのもよいでしょう。
ひとつ化粧品をつけたら肌になじむまでしばらく待って次の化粧品をつけましょう。浸透せずに次のものを使うと肌の上で混ざってしまい、浸透が妨げられます。
順番が違うとせっかくの化粧品の効果が減少します。たとえば洗顔後にすぐにクリームをつけて、その後に化粧水をつけると、クリームの油分で水分の浸透が妨げられてしまいます。使う順番にも気をつけてみましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ