40代向けの化粧品を使うときにはお気をつけください

コンシーラー02




もう試している方もいるかもしれませんが、昨今40代向けのスキンケアやメイクシリーズが続々と発売されていますよね。40代向け=美容成分がたっぷりで若く見える!?とさっそくひととおり試した私の体験をご紹介します。あくまで私の体験ですが、参考になれば幸いです。簡単に言うと、スキンケア物は悩んでいるところに効くものなら安いラインでも効果的な気がします。反対に、メイクアップもの(特にファンデーションや口紅などの色物)は注意が必要です。これはコスメ販売員の方から聞いたのですが、年齢を重ねるとどうしても血行が悪くなるので、メイクアップに赤みを足すような色合いが多い、とのこと。また、色味がはっきり出るようなものが多いらしいのです。実際同じブランドの40代ラインには私の肌色に合うファンデーションがありませんでした(他のシリーズにはあるんですよ)また、全商品試したわけではありませんが、40代向けのファンデはカバー力が強すぎてのっぺりとした感じ、というかいかにもがっつり塗りました!という感じにみえるので、コンシーラーに丁度いいくらいです。メイクに限りませんが、最近のトレンドキーワード「抜け感」「こなれ感」のあるメイクを目指すとしたら、40代向けの色物は要注意です。ただし「明るく健康的にみせる」ことを目指しているのには違いがないので、吟味すればお宝グッズに当たるかもしれませんね。また、安いめの40才向けスキンケアものをいつもよりたっぷり(例えば化粧水を全身に、とか、クレンジングをひじや膝に)使うとプチ贅沢気分で効果が感じられました。若い子のコーナーとは離れていることが多いので見落としがちですがいろいろ楽しめますよ。



サブコンテンツ

このページの先頭へ