美肌を実現する化粧水の5つのポイント

化粧水




年齢を重ねるとどうしても肌トラブルが増えてきますね。その一つには肌の乾燥があります。肌が乾燥した時の対策としてまず思いつくのが化粧水ではないでしょうか?一般的に言って保湿=化粧水と教えられてきた人が多いのでは?でも、実は化粧水では保湿効果は期待できません。本当に必要な事は保湿効果のある美容液です。ここでは保湿=化粧水と思い込んできた人のために本当に必要な乾燥対策をお教えします。
タオル
・化粧水はなぜつけるの?
 化粧水=肌の潤いの元と思い込んでいませんか?実はそれは間違いです。化粧水がそのまま肌の水分になるわけではないのです。また化粧水を塗っただけでは十分な保湿力はありません。理由は化粧水の大半は水で、水の中にあまり保湿成分を配合する事はできないからです。化粧水の保湿効果をあまり期待しすぎない事です。では化粧水はなぜ使うのでしょうか。それは清涼感があって、快い気分になるから使っているようなものです。それも無駄とは言いませんが、化粧水はスキンケアに必ず必要という事ではないのです。
・化粧水で保湿するという考えを捨てる
 保湿はスキンケアの基本です。でも毎日ケアをしていても肌が乾燥すると悩む人が大勢います。その人達はどんなケアをしているかと言うと化粧水をつけているようです。すなわち化粧水を塗れば水分を補う事が出来ると勘違いしています。だからいつまでも乾燥の悩みから脱出できないのです。まずは化粧水を塗れば保湿が出来るという考えを捨てましょう。
・正しい保湿ケアとは
 では正しい保湿ケアとは何でしょうか?それは肌内部の水分を抱えて離さない、保水力がある成分を配合している美容液を使う事です。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んでいる美容液を肌に与えて、肌の保水力を強める事が本当の保湿です。
・化粧水スプレーはお勧めできない
 この時期日中オフィスにいるとエアコンなどの影響で肌が乾燥しがちです。その時スプレータイプの化粧水を顔に吹きかける人がいますが、これはあまり良くありません。理由は化粧水が渇く時には肌の水分まで一緒に奪われるからです。結果的により肌は乾燥してしまいます。潤いを補うために本当に大事な事はセラミドやヒアルロン酸を含んだ美容液を手のひらに広げて、乾燥した部分に軽く押さえつけるように付ける事。こすらなければメイクも崩れません。
・どうしても肌が乾いてしまう
 保湿成分を含んでいる美容液を使用してもまだ乾燥すると悩んでいる人は次のように対処しましょう。それはズバリ、保湿成分の中で効果が強いセラミド配合の美容液に変えてみる事です。即効性があるセラミドは継続的に使用すれば肌の水分を増やす事ができます。乾きにくい肌になるのです。もしもセラミド入りの美容液を使っているのにまだ乾燥するのなら、その美容液のセラミド含有量が少ないかもしれません。それから40歳以上の人は水分だけではなくて、油分を少なくなります。ですからセラミド入りの美容液の上にクリームを重ねて油分も同時に補給するようにすると良いでしょう。年齢を重ねる事で増えてくる肌の悩み。いつまでも美しい自分でいたい、という願いとは逆に老化は確実に進行していきます。でも、正しいスキンケアが出来れば肌はまた蘇るのです。化粧水=保湿と思い込んできた人はここらで新しいスキンケアを取り入れてみましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ