保湿しやすい肌表面に整える

保湿




年齢を重ねてくると肌のうるおい不足を感じてきます。それが原因で小じわなどもできると思います。そこで、しっかりと保湿をして肌の潤いを保ちたいものです。まず一番手間を掛けたいのが、肌の表面の汚れをきれいに落とし、古い角質などを取り除き、保湿化粧水などがなじんで浸透しやすくすることです。洗顔の際にはまずぬるま湯で顔の表面の埃を流します。それから洗顔剤をしっかり泡立てます。毛穴の汚れが気になる時にはクレイソープや炭配合のものを使います。乾燥が気になる時にはオリーブオイルやハチミツ配合のものを使います。しっかり泡立てて顔を包むように洗い、しっかりとすすぎます。週に1回程度は古角質を落とすピーリング洗顔をします。タオルで乾かした肌にピーリング剤を塗り、やさしく円を描くようにマッサージして角質を擦り落としてからすすぎます。これで肌が見違えるように明るく柔らかくなります。肌がこのくらい柔らかくなると化粧水の浸透も良くなります。まず、保湿性の高い化粧水をたっぷりと肌につけ、押さえるようにしてなじませます。2度付けすると良いです。週に1回ほどはパックをします。これも肌の状態に合わせて、ソフニング、ホワイトニング、など使い分けます。パックをした後の肌は感触ももちもちになって明るさも違います。時には部分ケア用の美容液で気になる小じわをピンとさせます。その後に乳液を塗りながらマッサージをし、最後には保湿クリームを塗るようにして仕上げます。毎日の積み重ねと週1など手を加えたケアが大切です。”



サブコンテンツ

このページの先頭へ