ダイエットで食事制限をしすぎると逆に太る?

食事




ダイエットでパッと思いつくのが、食べる量を減らして体重を落とそうとする方法じゃないでしょうか?そういった方法は確かに簡単に痩せられそうに見えますが、リバウンドにつながりやすいという一面も持っているのです。そこで注意しないといけないのは、過度に食事を減らしてしまうことです。食事を減らすことが全ての場合において失敗するとは言えないものの、過度に減らすことは脂肪の蓄積を促してしまうのです。それは、食事の量を極端に減らすと、身体が勘違いをしてしまうのです。食事がとれる機会が少ないと勘違いをして、じゃあ今のうちに脂肪を身体に蓄積しておいて、それで栄養を摂ろうとといったメカニズムが働いてしまいます。冬眠をする動物のように、溜めておいたエネルギーを少しずつ消費するために、食事の量が減るタイミングに合わせて、脂肪をどんどん溜めてしまうことになります。実際に食べ物が簡単に手に入らないような極限状態になると、人間の身体はそういった風に働きますが、そうする必要もないのに食事を減らしてしまうと、一応食事は摂るわけですから、その食事の量に見合った脂肪がどんどん蓄積されやすくなります。真の極限状態ではそもそも食べるものがほぼないので、脂肪が蓄積されやすい身体になっても太ることは考えづらいですが、極限状態ではない人間は食事量を減らすだけで、脂肪が蓄積されやすい身体になったまま毎日食べますから、そういうことをすると太ってしまうことにつながるのです。だから、食事の量をあまりにも減らしすぎると、かえって太ってしまうこともあるということは知っておいてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ