40代の女心は儚い・・・

儚い

人の顔のしわが気になるようになったのは、いつからだろう。30代の終わり?四十代のはじめごろ?ネットにむかって、芸能人の皺や劣化というワードをたたくようになったのはそのころかもしれません。きっかけは、皆で撮った写真でした。
私の笑う顔には、目じりに皺がくっきりです。自分の中にある自分の顔と、写真の私との落差にびっくり、そしてショック!
一番堪えたのは、友人の「そんなことないよ。普通に写ってるよ」の一言でした。それからは、保湿、保湿の日々です。
ボツリヌスでもプチプチ打てばてっとりばやいのでしょうか。でも、不自然に膨らんだ顔の芸能人を見ると、それも疑問に思います。一介の主婦にとってはプチ整形はやはりハードル高すぎます。やはり保湿、栄養クリームしかないのか、あとは帽子などを深めにかぶって影を意図的につくるという荒業も。誰も見ていないとの指摘もありますが、諦められません。ああ。つるぴかになりたい。
(栃木県在住 45歳)

  • シワが気になる
  • 肌にハリがない
  • 老けて見える
  • 表情が暗く見える

コラーゲンとシワの関係性について
女性にとって年を取ってくると出てくる問題としてはシワの悩みがありまして、大体40代あたりから多くの人が悩んでいる症状らしいです。そして巷では様々なシワ対策の商品やサプリメントがありますが、やはり最も有名なのはコラーゲンでしょう。そもそもコラーゲンというのは実際にはよく分からずに使っている人も多いそうなので、今回はコラーゲンについて説明していきたいと思います。まずコラーゲンですがこれはタンパク質の一種であり身体の中にはおよそ30%ものコラーゲンが存在しており、内臓や血管や肌などあらゆる場所に存在します。気になる肌に存在するコラーゲンですが、当然これが不足すると様々な肌トラブルやシワなどが生まれてしまいます。コラーゲンの分解と生成のバランスは加齢によっても崩れてしまうため、これを補充できたら肌ケアとして最適なわけです。しかしこのコラーゲンの摂取には一つ問題があって、それはコラーゲンは通常の場合にはサプリメントや食事などで経口摂取したものは、アミノ酸として分解されてしまうことが多く、そのためコラーゲンが肌にとって有益かそうでないかといった論議が多く存在します。実際にはアミノ酸として分解されるものもありますが、中には分解されないコラーゲンも開発されていたり、実際にはアミノ酸として分解されるものも体内のコラーゲンの生成サイクルを活性化させる効果があるなどという事実が分かってきているので、やはり加齢によるコラーゲン不足は食事やサプリメントなどで摂取するのが効果的という結果になっています。
▼お申し込みはこちら(お試し購入)▼



アミノコラーゲン美容液 公式サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ