周りのママ達がうらやましい

主婦

下の子も小学生に上がりひと息付ける時間がようやく持てるようになりました。自分の身なりもあまり気にせず無我夢中で子育てや家事、仕事に追われる日々でした。何と無く気になっていたおでこのシワとほうれい線は何もケアしてこなかったから年々深くなっています。よく下向きで鏡を見ると5年後の自分何て言うけれど、実際やるとどう見てもお婆さん、怖くなってしまいました。保護者会などでママ達をチェックするけど、年上と分かっている人でもおでこがツヤツヤだったり肌にハリがあって、穴があったら入りたい気分になります。みんなどんなお手入れをしているのだろうか?マッサージや顔の筋肉を動かす体操もするようになったけど、改善の兆しは見えず、高い美容液には手が出せず、結婚、出産前のピチピチのお肌に一日で良いから戻りたいです。(千葉県在住 45歳)

  • 肌に弾力がない
  • 乾燥肌になってきた
  • 肌にハリがない
  • 最近頬が弛んできた

年齢を重ねるとどうしてもしわが気になってしまうのは仕方が無いことです。しかし完全には消すことが無理でも、なるべくなら目立たなくしたいと考える方は多いのではないかと思います。
しわというのは肌の乾燥やお肌のたるみによって出来てしまうものです。乾燥ならば保湿をし、たるみが原因ならばそのたるみをなくしてしまえば良いということになります。それには肌のハリを保つことが必要となってきます。
肌に良いものといえばコラーゲンという認識はかなり一般的になってきたのではないかと思いますが、実はただコラーゲンを摂取するだけでは意味がないのです。
そもそもなぜコラーゲンが良いのかというと、コラーゲンというものは肌の真皮というところで、その上の皮脂や脂肪を支える役割を担っています。コラーゲンがなくなるとその支えがなくなるわけですので、ハリも失われたるみやしわの原因となってしまうのです。その失われる原因は紫外線を浴びることだと言われています。また、加齢に伴い体内で生成できるコラーゲンの量が減少してしまうので、歳を重ねるとしわが目立ってきてしまうのです。
先程少し触れましたが、コラーゲンはただ摂取してもシワに効果があるとは言い切れません。肌の弾力にはコラーゲンの他にエラスチンが必要となってきます。エラスチンはコラーゲンをまとめる役割を担っており、そのまとまりによって弾力を作り出しています。その弾力を出すためにはコラーゲンやエラスチンの他に、幾つものたんぱく質や酵素などが関わっているため、コラーゲンのみ摂取しても意味が無いのです。肌に弾力を与えるためにはコラーゲンを根本から考えて肌細胞を作り出す複数のアミノ酸を配合した美容液がアミノコラーゲン美容液です
▼お申し込みはこちら▼



アミノコラーゲン美容液公式サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ