どうして手軽なセルフケアだけで、シワのない肌にできたのか?

メイク




アラフォーになり、朝起きた時の顔のむくみやほうれい線、シワなど感じることがあるケースも多く、このままにしておくと化粧ノリも悪くなりますし、化粧した時にファンデーションが綺麗に塗れないこともあるため、日頃からケアが必要になります。まず朝起きた時のむくみやほうれい線対策として、顔を洗った後、蒸しタオルで顔を3分ほどしっかり温め毛穴を開くことは重要です。むくみもだいぶやわらぎますし、肌が柔らかくなります。毛穴も開くのでスッキリします!これはとても気持ちよいのでお風呂上がりでもよいですし、たまに蒸しタオルでケアすることで毛穴も開いてケアもしやすくなります。この蒸しタオルした後に、日頃使用している化粧水をたっぷりとつけ、その後に乳液やクリームを塗りますが、その際にリンパマッサージを行います。首から顔にかけてリンパマッサージを行いますが、ケア方法がわからない時はインターネットにリンパマッサージの方法が掲載されているのでチェックしてみるとよいです。難しいマッサージではないので、手軽にできます。顔は中心から外へと円を描くようにマッサージすることで血流がよくなり、血色も回復します。
むくみも次第に解消され、ほうれい線も次第に薄くなります。これは3分ほどのケアで十分なので無理ない範囲で毎日行うことで効果を発揮します。
蒸しタオル
他は「あいうえお」と大きな口を開けて声を出さずに言うことで顔面体操になります。顔面体操する時は上を向いた状態で行うと首もスッキリします。首から顔にかけて年齢が出やすい部分なので、そこはしっかりとケアしていくことが今後へと繋がっていきます。日頃、デスクワーク中心で下を向く機会が多いという方も多いですし、何かと日常生活の中でも掃除をする時など下を向いて行いますし、筋肉もきまった部位のみしか使わなくなります。これでは他の部位は筋肉が衰えてくるので顔面体操を行ったり、リンパマッサージなどでケアすることで次第に筋肉も鍛えられハリが出てきます。顔のむくみで、印象もだいぶ変化しますし、化粧方法も変化します。
蒸しタオルやリンパマッサージをちょっと取り入れることで、だいぶ化粧ノリも変化してきますし、アラフォーからはセルフケアで十分対処していくことで数年後のお肌の状態も大きく変化してきます。使用するクリームや乳液などはたっぷりと使うことで肌への刺激もありませんし、ケチらずにたっぷり使用することが重要なポイントです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ