若い頃の適当なスキンケアのツケが回ってきた

肌04

私は三十代の中頃から少しずつシミが気になり始め、四十歳を超えた今ではそんなシミを隠すためにがっつり厚塗りメイクをすることが多くなってしまいました。本当ならナチュラルメイクで過ごしたいところなのですが、何しろ頬にあるシミが気になり、とてもじゃないけどスッピンやナチュラルメイクでは人前に出られません。
またここ数年で目尻のシワも増えてきたなと感じるようになりました。とくにそんな厚塗りメイクをする時に目の周囲の小ジワが気になり、もっと早くからシワやシミの対策を行っておけばよかったと後悔しています。
若い頃には年を重ねた時のことなど考えもせず、スキンケアや日焼け対策をしっかり行ってこなかったので、今頃になってそのツケが回ってきてしまいました。
(熊本県在住 45歳)

  • 肌が乾燥する
  • 日焼け痕が気になる
  • 肌にキメが無い
  • 化粧が安定しない

ビタミンCはシミの予防と改善にも効果的である
ビタミンCは、肌についてはとにかく万能薬であるとも言われています。例えば治りにくいと言われるニキビにも効果的ですし、肌表面の皮脂の分量を適切にしてくれるので、毛穴のたるみや広がりについても効果的だといわれています。さらに、素肌のハリにも良いので、アンチエイジング作用は非常に高いのです。それに加えて、ビタミンCはシミに効果的だといわれています。メラニンによる肌ダメージも、ビタミンCで緩和する事が出来るのです。
例えば、皮膚科などでもシミや肝斑治療をすれば、ビタミンCはまず最初に処方されるはずです。シミの改善には、特に効果的だからこそ、医薬品としても使われているのです。さらに、高濃度のビタミンC誘導体ローションも、医薬品ですので皮膚科でしか扱いはありません。一般的な化粧品にも配合されやすいビタミンCですが、高濃度の方がより効果も高いです。
また、飲むビタミンCについては一日の摂取量が100mgといわれていますので、それを超えないように摂取することがやはり大切です。ネットなどの情報は曖昧な点も多く「過剰摂取すると効き目が現れる」というようなコラムも見受けられますが、過剰摂取すると下痢をするので良くはないですし、さらにビタミンC自体が非常に体外に排出しやすい特性を持っている為に、頻繁に採り入れるように配慮する事も大切です。ビタミンCは、このように効果的でありながら非常に摂取しにくい物ですので、サプリメントや化粧品もうまく利用したり、さらに日常的に食品などで採る事が望ましいのです。
最近は高浸透型ビタミンC誘導体を配合した基礎化粧品を使うと効果があります
▼お申し込みはこちら(お試しセット)▼



サイクルプラス公式サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ