若い頃のツケがシミとなって・・・

日焼け

40代後半の私、30代からシミは気になってはいましたが、アラフォーを過ぎた頃から、気付くと少しずつ増えているような感じなのです。美白美容液やシミスポット的に塗れる美白スティックなどそれなりのお手入れはしてきたつもりでした。もちろん、すっぴんで出かけるなんて事は、真冬の早朝にゴミ出しに出る時くらい。仕事の休みの日でも日焼け止めクリームと日焼け止め効果のあるパウダーでのナチュラルメイクは欠かしません。では、なぜ増えるのでしょう?私は、紫外線の害が現在ほど叫ばれていなかった、若い頃に、無防備に太陽に当たっていたツケがシミとなって現れているのだと思っています。ずっと運動部でしたから、日焼け止めクリームも無しでグラウンドにいたわけです。タイムマシンがあったら、15歳の私に、山のような日焼け止めグッズを手渡しに行きたいです。
(佐賀県在住 47歳)

  • 隠しきれないシミ
  • 疲れてると言われる
  • 鏡を見ると驚く
  • シミができやすい

綺麗な美白の肌もシミがあっては台無しです。肌質が柔らかい人ほど紫外線のダメージを受けやすく肌が炎症を起こし細胞内でメラニン生成が活発になっています。紫外線のダメージをなるべく減らして肌ケアに気を使う事こそが透明感のあるもっちり肌になる秘訣です。肌サイクルを正常にするのに乳酸菌を使用した美容液があります。乳酸菌は乳酸を排出権して他の細菌の腐敗物質の増加を抑える働きがあります。有名な例としては人の腸内環境に在住して悪玉細胞の増加を抑える働きがあります。これと同じように乳酸菌は皮膚に対しても雑菌の増殖を抑えるなど肌環境の改善に役立ちます。最近は乳酸菌の研究でも有名なヤクルトから美白効果を高めた美容液があります。肌環境を整えて肌にシミの出来にくい体質に変えてみましょう。
▼お申し込みはこちら(期間限定1500円)▼



リベシィホワイト公式サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ