柑橘類を食べるのを控えるとシミができづらい?

みかん




食べ物は美容にとってとても大切ですが、その中でもオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の食べ物を結構食べている人もいると思います。非常に美味しいものではありますが、これを割と頻繁に食べていると、それがシミの原因になることもあります。つまり、柑橘系の食べ物を控えるとそれだけシミができづらいということになるのです。それはどうしてでしょうか?柑橘系の食べ物に含まれている「ソラレン」という成分があるのですが、これはなんと紫外線の吸収を促進してしまう効果があるのです。非常に困った効果ですが、肌に取り込まれていく紫外線が増えると、それだけシミなどができやすくなるため、このソラレンをできるだけ摂らないようにすると、それだけ肌にとっては紫外線などの有害な物質が入ってこないことになるわけです。その結果、シミができづらいということになります。紫外線が強い季節には、オレンジとかグレープフルーツなどの食べ物をよく食べていて、そのうえで外に出てしまうと、紫外線が本当によく集まってきやすいので、全く食べてはいけないわけではないですが、適量に控えてもらえると、それだけシミ対策にもなるでしょう。こういった柑橘類はビタミンCが豊富なので、それ自体が美容に良いと思って食べている方もいるかもしれませんが、メリットもあると同時にデメリットもあるので、それを踏まえてこれからオレンジ、グレープフルーツなどを食べていってほしいと思います。



サブコンテンツ

このページの先頭へ