シミを防ぐビタミンCの摂り方

レモン




ビタミンCは美容によい栄養素として有名です。シミの予防やコラーゲンの生成を助けて美肌作りをサポートしてくれます。また、ビタミンCが不足すると免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、ひどい場合は壊血病という出血が止まらなくなる病気になってしまいます。人間は体内でビタミンCを合成できないので、食事やサプリメントで摂る必要があります。
シミはメラニンが肌に蓄積することでできます。ビタミンCにはメラニンの生成を抑制してシミを防ぐ働きがあります。紫外線を浴びるとチロシナーゼというメラニンの生成に関わる酵素が活性化されるのですが、ビタミンCはチロシナーゼの活性を抑制します。また活性酸素を抑制することでもシミを予防します。ビタミンCはフルーツでは柑橘類、レモン、キウイ、アセロラなどに多く、野菜ではパセリ、ブロッコリー、パプリカ、菜の花、さつまいもやじゃがいもなどの芋類に多く含まれています。
ビタミンCは熱に弱く水に溶けやすいため、加熱調理をしたり洗ったりすると減少します。生で食べられるものは生で食べた方がたくさん摂ることができます。加熱調理する場合は汁ごと摂れるスープにすると摂取しやすいです。芋類はでんぷんでビタミンCが守られているので、加熱してもビタミンCの損失が少ないです。
一度に大量に摂っても排泄されてしまうので、朝・昼・夜とこまめに摂ります。ストレスを感じるとビタミンCが消費されてしまうので、ストレスを感じるときに摂るのもおすすめです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ